ファクタリングとは何か?

会社員であれば、毎月決まった日に決まったお給料が振り込まれます。しかし自営業者など経営者の場合は、必ずしも取引先からの入金が仕事をした月に入ってくるとは限りません。経理の処理の関係上、「支払サイト」と呼ばれる、振り込みを待っている期間が発生するのです。

しかし次の仕事をするためには、ある程度の資金が必要になります。仕事は納品したけれど支払い待ちの状態のものを「売掛金」と呼びます。売掛金では買い物ができませんので、入金を待つしかありません。交渉すれば取引先によっては早めてくれるところもあります。

しかし取引先に入金をせかすことはあまりしたくないと考える人も多いでしょう。そんなときに利用できるのが「ファクタリングです。ファクタリングとは売掛金の売却のことを言います。価値はあってもお金として利用できない資産を売却することで、早くに現金を手にすることができるのです。

一般的には聞きなれないこの、ファクタリングとは何かということを知らないと、怪しいものだと思ってしまうかもしれませんがそうではありません。早期に現金を手にすることができれば、次の投資に資金を回すことが可能なのです。

ファクタリングを行っている業者はいくつもありますが、一度そういった会社の「ファクタリングとは何か」というページも読んでみると良いでしょう。2社間で行うもの、3社間で行うものがあり、一言にファクタリングと言っても内容が違っていることがあるためです。手数料は売掛先の信用力によって異なります。大手であれば手数料は低くなりますが、中小企業同士の場合は手数料が高くなることもあるので注意しましょう。手数料分の金額を実際の入金までの期間に稼げないのであれば、入金を待っていたほうが得になることもあります。